スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by シトラス  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

微力ながら

真夏のある日、昼休みに社内で昼食を取っていると店側から「こんにちは」の声が。
お客様かな?と思い表に出て行くとヤクルトの方がニコニコと微笑みながら佇んでいた。
「何かご用でしょうか?」と私が尋ねるとヤクルトの方は「今私の勤務するヤクルト支店で盲導犬育成の為に募金を兼ねて、ヤクルトを購入して頂いているんです、1口からで良いので購入して頂けませんか?」と仰った。
子供のころからヤクルトを飲み続けている私なので「勿論、協力させて頂きますよ」と2口購入させて頂いた。
それから、ヤクルトさんとのお付き合いが始まり、現在も週一で購入している。

ヤクルトは美味しいし、ヤクルトさんとの束の間のお喋りもちょっと楽しい。
ヤクルトを飲みながら、盲導犬の事を考えてみた。
「盲導犬って育成するのはとても大変で、お金も掛るんだよな・・・日本にはまだまだ盲導犬の頭数が少ないって聞いたぞ」
「クイールの映画やドラマにはかなり泣かされて、感動したんだよね」
「ヤクルトを購入しただけで無く、もっと協力出来ないのかな?」

そしてネットで調べてみたら募金の形だけど、盲導犬育成の為に協力出来る事があるらしい。
「賛助会員」っていうのになると1口1万円で盲導犬育成に協力出来るのだ。
とりあえず、お金での協力しか今のところ出来ないけど、数口募金した。これで1年間の会員になるらしい。
こんな事からの協力だけど、いつか時間が出来たらボランティアの事とかもっと勉強してみたいと思った。

いつか見た、電車内でヒッソリと視覚障害者の方に寄り添う盲導犬を思い出してしまった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
by シトラス  at 21:14 |   |  comment (2)  |   |  page top ↑
おともだち♪
☆お読みください☆

●当ブログはリンクフリーですが、リンクして下さったら嬉しいのでコメント欄にてご一報下さい。
●当ブログ内で使われている文章、画像の著作権は管理者シトラスにあります。 画像の使用に関しましては、個人でのパソコン上の使用に限らせていただきます。
●アダルト、商用、不快なコメントにつきましては、管理人の判断により削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。