スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by シトラス  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

思い出は鮮明だった

南部鉄瓶
この南部鉄瓶は、うちのスタッフ男子の結婚祝いのお返しに頂きました。
内側がホーロー加工してあるので、扱いが簡単です。



先日仕事で品川に行く用事があり、久しぶりに行く品川駅に昔の記憶が思い出されました。
新卒で入社した会社の本社があり、港南口にある会社まで長い地下道を延々歩いた記憶。
数年前に改装した品川駅は、当時の様子からは一変していました。

もう一つの記憶は、「京品ホテル」
品川駅高輪口を出て正面にあるレトロな風情のあるホテルですが、運営会社の経営破綻により
経営陣はホテルの閉鎖を決めました。
現在は一部の従業員が組合を結成し立ち退き命令に背き、自主営業を行っています。

9歳の夏休み、母と兄の3人で高輪のホテルに泊まった事があります。
仕事で休みが取れない父の、どこも連れて行ってやれない埋め合わせのつもりだった
ようです。
海や山に行けない不満で私は少しスネ気味だった、と後で母に言われました。

品川駅前に着いた時は昼時だったので、ちょうど駅前にある京品ホテルの
レストランに入り、そこで頂いたポタージュスープがあまりにも美味しく、
その味わいは後年まで記憶に残りました。
トマトの風味がする、濃厚なスープでした。


現在の京品ホテルを見ると、当時の様子からは変わり果てていましたが
私の中の思い出は、当時のまま鮮明でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ








by シトラス  at 16:01 |   |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

おともだち♪
☆お読みください☆

●当ブログはリンクフリーですが、リンクして下さったら嬉しいのでコメント欄にてご一報下さい。
●当ブログ内で使われている文章、画像の著作権は管理者シトラスにあります。 画像の使用に関しましては、個人でのパソコン上の使用に限らせていただきます。
●アダルト、商用、不快なコメントにつきましては、管理人の判断により削除させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。